同人サイトを作る~①はじめてのGit&Bitbucket中編その1~

前回ではソース管理しようと決めました。

これから実際に使っていきます。

まずはGitをインストール。うちのPCはWindowsなので、Git for Windowsをインストールします。

WindowsにGitをインストールする方法 | サービス | プロエンジニア

Git for Windows インストール&設定 - Qiita

私家版 Git For Windowsのインストール手順 | OPC Diary

上3つを参考にしつつ、Downloadボタンをクリック。

ダウンロードできたら、実行。

f:id:sir0usa:20180517181840p:plain

ライセンスを確認して

 

f:id:sir0usa:20180517181922p:plain

必要そうなものにチェックして

 

f:id:sir0usa:20180517182001p:plain

標準にするエディタを選択。どれもインストールしてないですし。Vim使ってみるかーと思ってはいる。Vimとnanoとnotepad++とVisualStudioCodeが選択肢にありました。notepad++とVisualStudioCodeはインストールしてないと次に進めない模様。

 

f:id:sir0usa:20180517182141p:plain

コマンドプロンプトも使えるようにしといたらいいかな・・・?

 

f:id:sir0usa:20180517182209p:plain

上でいいらしい。

 

f:id:sir0usa:20180517182249p:plain

どれが良いか使ってみないとわからない気がする選択肢。

 

f:id:sir0usa:20180517182325p:plain

お好みだそうです。好みもなにもない。

 

これでインストール開始

f:id:sir0usa:20180517183424p:plain

終了ー

 

それで、初期設定が必要ですね。GitBashを立ち上げて以下を入力。

 

ユーザー名

  $ git config --global user.name "ユーザー名"

メールアドレス

  $ git config --global user.email "xxxxx@yyyyyy"

 

設定の一覧を確認するには

  $ git config --list

 

とりあえずこれで使えるようになったんだと思う。

 

ローカルリポジトリを作成したいので、作りたい場所に

   $ cd 移動したいフォルダパス

で、移動して

新規リポジトリの作成コマンドをオプションとかつけずに実行

  $ git init

すると、このフォルダがローカルリポジトリになる、と言うわけですね。

コマンドの後にフォルダ名を指定して作成することもできるみたい。

 

ひと仕事終えたので、今回はここまで。次回はリモートリポジトリを作成するだろう。

 

 

 

 

 

同人サイトを作る~①はじめてのGit&Bitbucket前編~

同人サイトを持っているのですが、これ2009年頃に作った、いにしえのホームページでですね。だっさい。今時、同人サイト必要なのかってのもあるんだけど、私は個人の趣味が出てるサイト好きなんで、整備しようしようと思ってn年。やっとやる。

 

さて、まずはどうする・・・?やることはたくさん。レイアウト決める?素材探す?

ん、ちょっと待てよ。

サイト作ってると、「これ、ちょっと変更前の方が良かったな」ってなったりする。同人書いててもよくある。そういう時、書いたものの旧バージョンがあると楽。だから、コードはちゃんと管理した方が、後の自分に優しい。うん。

というわけで、まずはソース管理をできる状況を整えよう。

そこでGItですよ。

仕事では使ったことないんですけど、名前はめっちゃ聞くし、良いんだろう。

ところでGitHubっていうのも聞くけどなんだろう。

 

Git:分散型バージョン管理システム

バージョンの管理ができるのはもちろん。

自分の手元で編集してる間に、他の人も手元で編集できて、変更箇所がお互い被ってなかったら、そのまま両方更新できる(まあ今は一人だけど)とか。

公開してるバージョンと別に試したいことがあるときとかに、2つを枝分かれして管理できるとか。

 で、これは手元のファイル置き場(ローカルリポジトリ)とは別に共有のファイル置き場(リモートリポジトリ)があるからできると。

そのリモートリポジトリを提供しているWebサービスGitHubである。なるほど。

共有するには、そのためのサーバーに置いとかないといけないけど、作るのも手間だし、提供されてるものを使える。ってことか。

 

で、このGitHub使おうかなと思ったんですけど、無料だとなんと公開されるんですね。

いや、困るわ。二次創作サイトだからな。

 そこで、非公開にできるサービス探しました。あった。

Bitbucket | The Git solution for professional teams

 5人までなら無料で非公開にもできるみたい。ぼっちなので問題ない。

 

使うものが決まったので、ここまで。お腹すいたし。

 

とりあえず初投稿しよう

はじめまして。

駆け出しプログラマです。

とりあえず、勉強したこととか端から忘れてしまうので、アウトプットしようと思った。

書いといたら覚えてなくても思い出せるかなって。

というわけでよろしくです。